エバーノート ウェブクリッパー!仕事が早くなる使用方法!

エバーノート

エバーノート ウェブクリッパー! よく仕事やプライベートで調べたwebサイトを ブックマークせずにウェブクリッパーを使っています。 ウェブクリッパーでエバーノートで記録することで、 エバーノートの検索機能を使って、すぐに検索することができます。

この記事では、

・なぜエバーノートでウエブクリッパーで記録する必要性
・ウェブクリッパーの設定・使い方
・エバーノートでの検索の仕方

についてお伝えします。

なぜエバーノートでウエブクリッパーで記録するのか?

人間の脳は1日に8000回検索をしているといわれています。
脳に記憶したことを検索して導きだす。
これをするだけで脳にすごいエネルギーを使っていることになります。

あなたは、1日にネットで何回検索しますか?
検索窓にキーワードを打ち込んで、
googleが検索して キーワードに最適な答えを表示してくれます。

これと同じことを私たちは自分の脳でしています。
そこでこの処理を代替してくれるのが、
エバーノートであり、
その中に調べたwebページをクリックしてくれるのが webクリッパーです。

今まで調べたwebページをウエブクリッパーでエバーノートに記録するだけで、
次からはエバーノートで検索すると答えがすぐに見つかります。
一度調べたウエブページをブックマークするのを忘れて
また検索したけど見つからないってことよくありますよね。
エバーノートとウエブクリッパーを使うことで、
この問題が解決できます。

ウェブクリッパーの設定・使い方(chome編)

設定方法

ここではgooglechomeでウエブクリッパーの設定を紹介します。
まずは以下からアクセスしてください

Evernote Web Clipper

画面左上にあるchomeに追加をクリックします。
そして一度ブラウザを閉じて再度立ち上げます。

使い方

保存したいwebページを表示します。

例えば私のこのページをウエブクリップを使ってエバーノートに記録させるとします。

次にchomeの右上に表示されている緑の象さんマークをクリックします。

下の図の画面が表示されます。

クリップの形式を選択して、保存先を選びます。

クリップの形式は5種類あります。

・記事
・簡易版の記事
・ページ全体
・ブックマーク
・スクリーンショット

記事

webページの記事の部分だけを自動選択して保存します。
webページのヘッダーやフッター、サイドバーを自動的に排除してくれます。
必要な部分だけを自動で選択してくれるので、不必要な情報を削除してくれるので
すごく助かる機能です。

実際にウェブクリッパーの記事の形式で保存するとエバーノートでは以下のように保存されます。

簡易版の記事

簡易版に記事にすると、記事の中にあるSNSのボタンなども削除してくれます。

一番シンプルな方法です。

これが一番おススメの記事の保存方法です。

簡易版の形式でエバーノートに保存すると以下のようになります。

ページ全体

これは開いているwebページすべてを記録します。

広告やヘッダー、webページすべてをそのまま記録します。

エバーノートにもウエブページと同じものが保存されています。↓

ブックマーク

以下のようなブックマークをエバーノートに記録します。

ブログのタイトルとブックマークが保存されています。
エバーノートでパソコンと検索して、ブックマークを検索すると目的のウエブサイトに
移動することができます。

スクリーンショット

範囲を指定してスクリーンショットを保存してくれます。

エバーノートにま指定した範囲のスクリーンショットの画像が保存されています。

エバーノートでの検索の仕方

検索の仕方は以下になります

検索ボタンをクリック

下の図の赤で囲んだ検索ボタンをクリックします

検索キワードを入力します

検索ワードを入力して実行

ここでは「パソコン」と入力してみます。

パソコンの文字列を含むページを検索結果として表示されています。

パソコンの検索ワードはハイライトされています。

見たいノートをクリックするとノートの中身を読むことができます。

まとめ

エバーノートにウエブクリッパーを使って記録させることで、
脳の中から検索するのではなく、
調べたいキーワードを入力して検索するだけで
目的の記事を発見することができます。
これを脳にすべて記憶して思い出すのは至難の業です。
情報社会になって情報があふれています。
隙間時間に検索して気になったwebページはウエブクリッパーで
エバーノートで記録しとくだけで時間の短縮になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました