文字入力を早くする裏技

時短ワザ

毎回同じ事を入力するのって面倒なときありませんか?

例えば、メールの定型文!

いつもお世話になっています。
〇〇会社の〇〇です。

難しい名前の人、
専門用語など
1回で変換できない入力文字

こんな時、私はIMEの単語の登録を使っています。

この機能を1回登録すれば、

いつもお世話になっております。
を入力しなくても”い”と入力したら一回で変換可能になります。

この記事では、

いつもお世話になっております。
株式会社の〇〇です。

を単語の登録機能を使って、
表示させるやり方を紹介します。

IMEの単語の登録のやり方

単語の登録の起動方法


の所を右クリックします。
IMEのオプションを開きます。
下の画像です。

その中の単語の登録をクリックします。

設定するのは単語とよみです。

以下二つを単語の登録をします。

1.いつもお世話になっております。
2.株式会社の〇〇です。

いつもお世話になっています。を登録

【登録内容】
単語:いつもお世話になっております。
よみ:い

登録をクリックすると登録されます。

WORDでいと入力すると以下の画像になります。
あとは確定でOK。

株式会社〇〇の〇〇です。を登録

単語:株式会社〇〇の〇〇です。
よみ:か

実際に確認してみます。

と入力します

スペースで変換します。

すると株式会社〇〇の〇〇です。
が表示されています。
後は確定するだけでOKです。

1回入力した文字を単語の登録機能に設定する。
単語の登録をするには1回その文字を入力しないといけません。

単語の登録をする時にもう一度入力するのは面倒です。

例えば、トム・クルーズを一度何かで入力したとします。
一回で変換できなかった場合は、

トム・クルーズと入力した文字を選択します。

次にIMEパットをの単語の登録を開きます。

選択した文字が単語の登録を開いたときに、単語に登録されています。
あとは「よみ」を入力して、登録すると設定完了です。

例えば、よみを「とむ」とすると、
次回からは「とむ」と入力してスペースを押すとトム・クルーズと表示されます。

まとめ

今回はIMEの単語の登録機能を使って、
文字入力を省力化する方法を紹介しました。

メールで最初に書く、いつもお世話になっています。
以外にも、名前を登録したり
業界用語なども登録していると非常に助かります。

業界用語などはIMEに最初から登録されていませんから、
一回登録すると凄く入力作業が楽になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました